これからの5Sを提案する「5S活動チーム」

MENU

5Sで明るい職場作りを支援

 

 

 5S活動、なぜうまくいかないのか

長い期間、5Sに取り組んでいても、なかなか定着しないため苦労している組織も少なくありません。「徹底して5Sをやろう」という掛け声だけでは徹底されるものではありません。

5S活動においては次のような二面性がありますが、私たちが毎日、積極的に取組んでいる5S活動も、暑い夏は疲労による緊張感の欠如や注意力の低下により、落とし穴に陥ってしまいがちです。そのようなことにならないように5S活動のノウハウで支援します。


1.トップダウンでやる5S活動になっていませんか?

5S活動を取り入れるのは会社のトップであり、そのようなトップダウン始動は多いのですが、皆が意見を出し合い、一人ひとりの意見を聞いて計画し実行するボトムアップに切り替えないと以下のような問題が発生し5S活動は継続できません。

1)見られている時だけする5S → やり続ける5S
人から良く見られたいという、人の本能に基づくものです。お客様の見学や5S監査の時だけ一生懸命やるという活動です。

 2)やらされる5S → 自らの意志でやる5S
自分の意志ではなく、指示に従ってイヤイヤやっている

 3)言われたところだけの5S → みずから行動する5S
上司や5S監査員から指摘されたところだけやる

 

2.改善効果を実感していますか?

5S活動でPDCAを回し改善効果を出すことによって、5Sは自分たちのためになる活動であることを認識することが定着への足がかりとなります。
1)見せかけの5S → 役にたつ5S
お客様から見える所、作業台の上など、目につきやすい所だけやる

2)5Sのための5S → 目的をもった5S
異物混入防止などの具体的な目的がなく、5Sをすることが目的となっている

 

3.全員参加の活動になっていますか?

5Sは職場環境を改善する活動ですから全員参加が大前提です。そのためには全員が一致団結して仕事ができる環境改善が必要です。

1)一部の人だけの5S → 全員参加の5S
全員で行うことになっているにもかかわらず、店長や一部の人たちだけでやる





5Sの重要性は理解している、それなのに同じことの繰り返しでなかなか続かない。それはなぜか、どうすれば持続できるのか。
それは、自分で気付き、自分でやる、そして、ルールが守れるように、守りやすいように、「やり方」を変える、自発的にやるからこそ、続けられる。「かたづけろ!」とおこられてやる整頓はその時だけで、ほとぼりが冷めたら元にもどります。
「受動的な5S」から、自らの意思で行動する「能動的な5S」を始めるのです。掃除をしろ、整理整頓を怠るなといわれると誰もが反発します。作業台の掃除でも、自分でする掃除とやらされてやる掃除では、見た目はきれいでも仕上がりがちがいます。
5S活動の効果を出すようお手伝いします。